free amp templates

低コストでより安全に

インテックのID認証サービスはクラウドサービスを安心安全に利用するための
認証・ID管理・モニタリング機能を提供します。

最新のお知らせ

2022年2月16日 【ニュースリリース】 認証機能の連携サービスにワンビシアーカイブズの電子契約サービス「WAN-Sign」が加わりました。>>もっと詳しく

2021年10月11日 【機能追加】 証明書管理APIを提供開始しました。>>もっと詳しく

インテックのID認証サービスが選ばれる理由

安心と安全を提供するためにインテックが大事にしていることをご紹介します

1

強固な認証を簡単に

認証やセキュリティは重要。でも、、安全性と利便性の両立に悩まれる管理者は多いのではないでしょうか?
ID認証サービスには20年以上に渡るID管理や認証のノウハウが詰まっています。クラウド認証基盤として必要な、認証・ID管理・モニタリング機能がバランスよく備わっています。

2

シンプル&リーズナブル

ID認証サービスはクラウド環境で求められる認証機能を備えているシンプルなサービスです。
料金面でもシンプルさを重要視していて、クライアント証明書認証やワンタイムパスワード認証などの認証オプションは全てサービス利用料に含まれています。

3

自社開発だからサポートに自信

国産サービスだから日本特有のID情報「ふりがな」なども管理できます。
日本語での利用マニュアル提供や機能要求への迅速なエンハンスなど、きめ細やかな対応ができます。

おすすめの認証ソリューション

お客さまのお悩みに合わせて
2つの認証ソリューションをご紹介します

ID認証サービスの機能

クラウドサービス利用時の安心と安全を実現するための
4つの特長と機能をご紹介します

多要素認証

ID/パスワード認証に加え、セキュリティ要件に応じてクライアント証明書認証やワンタイムパスワード認証などの多要素認証を利用できます。

ユーザー管理

管理用WebアプリやCSVファイルを利用して、ユーザー情報のライフサイクルを管理することができます。
操作履歴や変更前後のユーザー情報は全て記録され、内部監査時に証跡としてご利用いただけます。

モニタリング

認証状況やユーザーID数の変化などを管理用Webアプリでご確認いただけます。
クラウドサービスの利用状況の確認や不正アクセスの確認など、様々な観点でのビジネス分析にご活用ください。

開発API

クラウドサービスからID認証サービスで管理されているユーザー情報に安全にアクセスするための開発用REST APIをご利用いただけます。APIを介したユーザー情報の操作も全てモニタリングの対象ですので安心してご利用ください。

ID認証サービスができること

ID認証サービスの利用事例をご紹介します

顧客IDを守りたい

DX推進の施策として多くの企業がクラウドサービス開発にチャレンジしています。セキュリティ対策のポイントはID×認証です。

ビジネス促進とセキュリティの両立の難しさ

ITにより社会や生活の課題を解決、また新たな価値を。大手企業からベンチャー企業まで、新しいサービスが続々と生まれています。私たちの生活は楽しく、便利に、豊かになる一方で、個人情報の流出や金銭的被害など重大なセキュリティインシデントも発生しています。迅速なサービス開発とセキュリティ強化との両立に頭を悩ませているクラウドサービス事業者は多いのではないでしょうか?

安心・安全を簡単に

インテックID認証サービスは、クラウドサービス事業者が提供する自社クラウドサービス利用者のID認証・管理の基盤として活用できます。SaaS事業者は、認証機能の開発ノウハウがなくてもセキュリティレベルの高い認証機能を自社サービスの一部として提供可能となり、認証機能以外の自社サービスのコア開発に専念することが可能となります。

社員IDを守りたい

業務システムのクラウドシフトが始まっています。オンプレミスとは異なる、クラウド特有のセキュリティ強化のポイントはID×認証です。

増え続けるクラウドサービス利用IDの管理コスト

クラウドサービスはインフラ運用や開発コスト面でのメリットを大きく享受でき、今後もクラウドサービスの業務利用は深まるでしょう。一方、サービスごとにユーザー管理を行う、セキュリティポリシーがサービスごとに異なる、といった管理者への運用コスト負担が大きいことがわかっています。さらに、サービスごとにログインを行う、パスワード管理を行うなど、従業員への負担もあります。

セキュリティ強化と利便性を手に入れる

インテックID認証サービスを使うとクラウドサービスを利用するための認証ポリシーを統一し、セキュリティを強化できます。サービス利用者である従業員はシングルサインオンで複数のクラウドサービスを利用することが可能となり、クラウドサービス利用時の利便性向上に期待できます。

導入の流れ

ID認証サービスを使い始めるまでの流れについてご紹介します

1

利用申し込み

サービス説明依頼、お試し利用など、ページ右上のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

2

初期セットアップ

パスワードポリシーや認証方式など管理用Webアプリで簡単にセットアップいただけます。
また、クラウドサービス設定も行います。

3

ご利用開始

ユーザーを登録するとすぐに安心、安全なクラウド認証をご利用いただけます。